更年期と高血圧にはどのような関係がある?

更年期障害がもたらす病気の一つに高血圧があります。更年期障害の症状としてはあまり取り上げられる機会がないため、この病気のリスクが知られていない面もあるだけに注意したいところです。

50代女性の39%が高血圧に

更年期に気をつけたい病気

女性は血圧が低めな人も多く、男性に比べると高血圧のリスクがもともと低い傾向が見られます。しかし若い頃は正常な血圧をずっと維持していた人が更年期に入ると急に血圧が上昇し、高血圧に陥るケースが見られるのです。

 

あるデータでは30代までの女性の高血圧の割合は数パーセント程度なのですが、40代に入ると14.2パーセント、50代に入ると一気に上昇して39.2パーセント、60代になると57.6パーセントと半数を越える割合になります。こうして見ても高血圧は女性にとっても無視できない病気ですし、更年期の時期に合わせるようにして割合が急上昇していく様子が窺えます。

 

ではどうして更年期になると高血圧のリスクが上昇するのでしょうか。それはこの時期になると血圧が不安定になりやすいからです。

 

更年期障害の原因は女性ホルモンのエストロゲンが減少することですが、このホルモンは血管を拡張させる機能を備えています。このホルモンの分泌量が減少することで血管が広くなったり狭くなったりと不安定な状態になっていきます。

 

さらに更年期障害が進行すると血管の拡張が行われにくくなり血行不良の状態になります。

更年期では血圧が不安定になることが要因

この症状が頭痛や肩こり、さらにホットフラッシュといった更年期障害によく見られる症状の原因となるわけですが、血圧にも大きな影響を及ぼすのです。

 

さらにストレスも血圧の不安定化と上昇と深く関わっています。心身に生じるさまざまな更年期障害の症状に加え、家庭の悩みなどが加わることでストレスに晒されやすくなり、それが血圧を上昇させてしまうこともあるのです。

 

これはストレスによって自律神経のバランスが乱れ、血管を収縮させる作用を持つ交感神経が優位になってしまうのがおもな理由です。

 

このように、更年期の高血圧では更年期障害の症状を和らげ、精神状態を安定化させることが重要な対策方法となります。必要なら医師の診察を受けるなど適切な対策を行いつつ、あまり深く悩まないよう心がけましょう。

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!