更年期と骨粗鬆症にはどのような関係がある?

更年期障害の影響で骨粗鬆症が発症する場合もあります。更年期に差しかかる40代後半の女性は注意が必要です。

高齢者以上に注意したい更年期の骨粗鬆症

骨粗鬆症といえば高齢者の病気とのイメージが強いものです。しかし研究の進行により、骨の密度の低下はホルモンとのかかわりが非常に深いことが明らかになってきました。

 

とくに女性ホルモンのエストロゲンと深く関わっており、高齢者よりもむしろ女性の方が注意すべきだとの認識へと改められつつあります。そして更年期にはこの骨の密度を維持するエストロゲンが減少してしまうのです。

 

エストロゲンといえば肌や毛髪に影響を及ぼすホルモンとしてご存知の人も多いのではないでしょうか。発毛を促したり、肌の健康維持やターンオーバーを活性化させる働きが備わっているため、減少すると薄毛や肌荒れといった問題が生じます。

 

このエストロゲンは骨や関節の生成・維持にも大きな影響を及ぼしているのです。関節の軟骨にも影響を及ぼすため、関節痛を併発するケースも見られます。

 

女性の場合、思春期に差し掛かる頃からエストロゲンの分泌量が上昇し、それに合わせて骨の密度も高まっていきます。

更年期の骨粗鬆症には大豆イソフラボンの摂取やホルモン補充療法で対策を

更年期に気をつけたい病気

その状態が40代半ば、更年期には入る頃まで維持されるのですが、更年期によるエストロゲンの減少が骨量を急速に減少させていくのです。

 

ちょっと怖いデータになりますが、日本人女性の閉経後の死因の8番目に骨粗鬆症がランクインしています。決して侮れない病気なのです。最悪の場合背骨が骨折してしまうこともあります。

 

こうして見るとエストロゲンが女性の健康状態にいかに重要な役割を果たしていかが窺えます。それだけに更年期によるエストロゲンの減少をできるだけ防ぎ、減少のペースを和らげることが大事なのです。

 

大豆イソフラボンのようなエストロゲンの減少を補う成分を摂取する、あるいは医療機関でホルモン補充療法を受けるといった対策方法が重要になってきます。骨粗鬆症の対策だけでなく、体全体の健康の維持のためにも更年期対策をしっかりと行っていきたいところです。

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!