更年期とうつにはどのような関係がある?

更年期障害はさまざまな症状をもたらします。最悪の場合他の病気の引き金になってしまうことも。そんな更年期障害がもたらす病気のなかでもとくに注意したいのがうつ病です。世代を問わず心の病への対策が重要なテーマとなっている現代社会。更年期の女性のうつへの適切な対策も求められています。

身体面の変化と環境の変化がうつの原因に

どうして更年期障害がうつ病の原因となるのでしょうか。それには更年期の到来に伴う身体面の変化と、この年代によく見られる生活環境の変化の両面が挙げられます。

 

更年期に入ると女性ホルモンのエストロゲンが分泌量を減少させていきます。このエストロゲンは自律神経のバランスや感情面のコントロールといった作用も備えており、分泌量が減少することでコントロールがうまくできなくなってしまうのです。

 

自律神経のバランスが乱れると慢性的な頭痛や肩こりに悩まされ、それがイライラしやすい状況をもたらしてしまうこともありますし、慢性的な不安状態をもたらすこともあります。さらにホットフラッシュや不眠症、体のだるさといった身体への影響も加わることで精神面がますます不安定な状態になってしまうのです。

更年期には悩みを共有できる同年代の友人作りも必要

更年期に気をつけたい病気

それに加えて更年期の45歳〜55歳の女性にありがちな生活環境の問題があります。

 

たとえばこの年代は子どもが自立する頃、無事ひとり立ちした子どもに一安心するとともに寂しさや虚しさなどを感じがちです。さらに夫婦だけの生活になり、これまで子どもがいた間には気にならなかった夫婦間の問題点が明らかになってくることもあります。

 

さらに体力や若々しい外見の低下、将来への不安などが加わることも。こうした生活環境の変化が体の変調と加わって精神状態を不安定にしてしまうのです。

 

更年期障害による体の変調と日常生活のストレス。この2つをどれだけ軽減させることができるかがうつ病を防ぐためのポイントとなります。

 

そのためには1人で苦しみや悩みを背負うのではなく周囲のサポートが不可欠です。更年期障害の苦しみは他の人、とくに男性には理解されないことが多いだけに、1人で悩まず、辛いときには家族や友人に打ち明けて理解と助けを求めることが大事です。

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!