更年期になりやすいタイプはあるの?

更年期は誰にでも訪れるものです。閉経に伴う体のメカニズムの変化が原因ですから、平均50歳前後といわれる閉経期が訪れた女性はだれもが更年期を経験することにります。しかしその一方で更年期が引き起こす症状にはかなりの個人差があり、つらい症状に長く苦しめられる人もいれば、ほとんど悩まされずに更年期などないように過ごすことができる人もいます。

 

この個人差に関してはさまざまな理由がありますが、症状があらわれやすい人とそうでない人にはそれぞれ特徴が見られます。

更年期にかかりやすいタイプはホルモンバランスが乱れやすい、体の老化が進んでいる人

更年期にかかりやすいタイプとしては月経周期が不安定でホルモンバランスが乱れやすい人がまず挙げられます。更年期症状の多くは卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少がきっかけで起こります。

 

もともとホルモンバランスが不安定な人はこのエストロゲンの分泌が不安定なため、更年期による体のメカニズムの変化の影響を受けやすいのです。

 

それから体の老化が進んでいる人。本格的な老化が進む40代前後になると若々しさを維持できる人と老化が一気に進んでいる人との間で大きな差が出てきます。更年期の卵巣機能の低下にはこの体の衰えも深く関わっており、老化が進んでいる人ほど低下が急速でエストロゲンの分泌も一気に減っていきます。その結果症状が強く、顕著にあらわれるようになります。

不摂生な生活や不安、緊張を常に抱えている人も更年期になりやすいタイプ

そして老化とも深くかかってきますが、体の健康を維持できるような生活を送っているかどうか。

 

不摂生な生活を送っている人と適度な運動や節制した食生活など健康を心がけている人とでは老化の進行やホルモンバランスの状況に大きな差がありますし、更年期になるとその差が非常に大きな違いとなってきます。

 

食生活が乱れがちな人、運動不足の人、肥満気味の人は更年期になりやすいタイプといえるでしょう。

 

もうひとつ、性格面でもなりやすい人とそうでない人に分かれます。日ごろからストレスを抱えやすく、解消するのがあまり上手くない人。物事に対して悲観的でつねに不安や緊張を抱えている人はもともと自律神経が乱れやすく、更年期によるホルモンバランスの変化の影響を受けやすい状態にあります。

 

こうした更年期になりやすいタイプの多くは生まれつきのものではなく、日々の対策の中で改めていくことができます。その意味では更年期対策は実際に更年期が訪れる前から始まっているともいえるでしょう。エイジングケアが美容の分野で注目されていますが、肌の若々しさだけでなく、心身両面の若々しさと健康も心がけるべきでしょう。これらの条件に当てはまる人は早い段階から対策を行っておきたいところです。

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!