更年期と若年性更年期の違いとは?

更年期は閉経に伴う体のメカニズムの変化によって生じるものです。そのため日本人の場合は閉経の平均年齢となる50歳前後の10年間くらいが更年期といわれています。しかしそれに対してもっと早い年齢で更年期の症状が見られるケースが増えており、若年性更年期と呼ばれています。

若年性更年期は体の自然のメカニズムとは別のところでどこかに問題・原因を抱えている

現代社会ではこの若年性更年期が増えており、本来更年期の症状が起こるはずがない30代、さらには20代の間で更年期と共通した症状が見られるようになっています。それだけに対策には両者の共通点と相違点を把握したうえでの適切なアプローチが求められているのです。

 

更年期は加齢と老化による閉経期の到来というごく自然な体のメカニズムによって訪れるものです。それに対して若年性更年期は閉経が起こるはずのない年齢に症状が見られるため、体の自然のメカニズムとは別のところでどこかに問題・原因を抱えていることになります。現代社会に増えているのも日々の生活の中で問題・原因を抱える機会が増えていることが原因とされているのです。

ストレスや食生活の乱れなど不規則な生活環境が若年性更年期の原因になってることも

ではどのような原因で若年性更年期が引き起こされるのか、その理由はひとつではなく、さまざまな要素が絡んでいます。まず現代社会で増えているのがストレスの問題

 

ストレスが蓄積することによって視床下部の働きに狂いが生じ、ホルモンバランスのコントロールがうまく機能しなくなってしまうケースがまず考えられます。心身の健康の維持に必要なホルモン分泌を視床下部がうまく指示できなくなることで不足したり過剰気味になってしまうわけです。

 

このストレスは精神面だけでなく身体面とも深く関わっています。夜更かしなど不規則な生活、長時間のスマホやネットによる負担や睡眠の質の低下、さらに薄着などによる低体温など体にかかる負担によって体のメカニズムに負担をかけるようなストレスを抱えてしまうのです。

 

さらに食生活の乱れ、とくに無理なダイエットによる食事制限がきっかけでホルモンバランスと自律神経に乱れが生じるケースも増えています。ビタミン、ミネラルのようにストレスに強い体を作るために欠かせない成分の不足が症状の悪化に拍車をかけていることも。

 

ほかにも締め付ける服装や下着の着用による血行不良、先述した薄着や過度に空調がきいた場所で長時間過ごすことによる体温調節機能の狂いなども若年性更年期をもたらす要因です。こうした本物の更年期とは異なる異変をもたらす要素をひとつひとつ改善していくことが予防・対策における最大のポイントとなります。

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!