汗っかきや暑がりは更年期の前兆?

更年期の対策が難しいといわれる理由のひとつが早い段階で察知しにくく、気がついたときには症状が進行してしまっているケースが多いことです。初期症状には頭痛や肩こり、下腹部痛といった日常生活の中で抱えやすい身近なものが多く、単なる体調不良と片付けてしまいがちです。それだけにちょっとした異変の中で更年期の前兆を察知できるかどうかが鍵となります。

発汗や暑さに敏感になる症状は更年期の代表的な症状のひとつ

そんな更年期のシグナルとなる変化のひとつに発汗や暑さに敏感になる症状が見られます。これまでよりもたくさん汗をかいたり、暑さを感じてしまうようになったら更年期の可能性があります。夏場は見極めが難しいかもしれませんが、それ以外の季節で妙に暑さを感じるようになった、周りの人は暑そうにしていないのに自分だけ汗をかいている、といった場合には要注意です。

 

症状が進行すればするほど大量の汗をかく傾向が見られますが、この多汗症と更年期との関係には自律神経が深く関わっています。卵巣機能が低下するとエストロゲンの分泌量が減少し、それが更年期の原因になることは広く知られていますが、同時に脳の視床下部との関係に狂いが生じるようになります。

 

もともとホルモンは視床下部の指示によって分泌されるのですが、卵巣機能が低下すると指示された量のホルモンを分泌できなくなってしまうのです。視床下部が「健康を維持するためにこれだけのエストロゲンを分泌しろ」と指示しているのにも関わらず卵巣がそれに応えられないと脳と体との間にアンバランスが生じてしまうのです。その影響は自律神経にまで及び、さまざまなトラブルを引き起こすことになります。

更年期の血行不良や体温調節機能の低下が多汗症の引き金になることも。

自律神経の乱れと言えば精神状態の悪化がまずあげられますが血行不良も大きな影響のひとつです。

 

自律神経のうち交感神経が優位になると血管が収縮し、副交感神経が優位になると拡張します。本来ならこのバランスがうまくとれているのですが、バランスが乱れることで急な拡張・収縮を繰り返すようになって血行不良を引き起こすのです。

 

そしてこの血行不良が多汗症の引き金になります。交感神経が優位な状態で血管が収縮して血液の流れが滞っていた状態から急に副交感神経が優位になることで血管が拡張し血液が流れ出すようになると紅潮やほてりといった症状が見られますが、同時に大量の発汗が見られるようになります。

 

さらに更年期になると体温調節がうまく機能しなくなるため、これも発汗量の増加の原因となります。汗と同時に胸の動悸や体のほてりも見られるようになったときには更年期の前兆として警戒したほうがよいでしょう。

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!