更年期の予防・改善とは?

更年期を完全に回避することは現実的ではありません。閉経が近づくにつれて卵巣機能が低下しエストロゲンが減少していくという体のメカニズムによってさまざまな症状が生じるため、このメカニズムそのものを回避することができない以上、どうしても更年期と向き合う必要があるのです。

更年期の予防・改善は卵巣機能の低下とエストロゲンの減少による影響を和らげることがポイント

ただその一方で更年期の症状にはかなり個人差が見られます。かなり重い症状に苦しめられる人もいればほとんど気にならずに日常生活を送っている人もいます。ですから更年期の予防・改善は卵巣機能の低下とエストロゲンの減少による影響をいかに和らげることができるかどうかにかかっています。

 

具体的な対策ではまず医療機関で行うホルモン補充療法が挙げられます。これはすでに症状が重くあらわれている人に向いている改善方法で、減少したホルモンを外から補うことで健康状態の改善を目指します。かつてはさまざまな副作用でリスクの高さが指摘されていましたが現在では研究や技術の進歩によって安全に受けられる治療方法となっています。

ホルモンの分泌量の調節や栄養補給に役立つサプリメントでの予防もオススメ

サプリメントで予防する方法も広く行われるようになっています。大豆イソフラボンやザクロエキスといったエストロゲンと似た働きを持つ成分を補うことでホルモンバランスの乱れを改善し症状をやわらげる方法がとくに人気です。

 

さらにマカやプラセンタ、ローヤルゼリーなどホルモンの分泌量の調節や栄養補給に役立つサプリメントを摂取して予防・改善する方法も人気を得ています。

 

もう少し基本的な方法での予防・改善も重要です。まず精神面のバランスを心がけること。無力感や倦怠感など精神面への症状も見られるほか、ホットフラッシュなど日常生活に支障をきたす症状を抱えてしまうとどうしてもストレスが蓄積してしまいます。

 

それが精神状態を悪化させないためにも日ごろからストレス解消や趣味などで楽しむ機会を作ることが重要です。閉じこもりがちになりやすい時期でもありますから、家族・友人の協力も得ながら外出の機会も作るようにしましょう。

 

ストレス解消の方法ともなりますが適度な運動も大事です。運動によって内臓脂肪を燃焼させ、血行を改善するとともに自律神経のバランスを取り戻す効果が期待できます。更年期になると内臓脂肪が蓄積しやすく生活習慣病のリスクも増大するのでその予防としても大きな意味を持ちます。とくにハードな運動をする必要はなく、ウォーキングなどの軽い有酸素運動で十分効果が得られますから、外出の機会も作る意味でも日頃から体を動かす機会を作っておきましょう。

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!