なぜ更年期になってしまうの?

更年期は閉経を迎えつつある女性の誰もが通り過ぎるものです。体のメカニズム上どうしても起こるものですから、適切な対策を行うことでできるだけ症状を軽くすることが求められます。

更年期の症状の多くはエストロゲンの減少が原因と言われている

そのためにもなぜ更年期になってしまうのか、原因をよく把握しておくことが重要ですが、これは卵巣機能の低下が深く関わっています。女性の体は月経周期にコントロールされているといっても過言ではなく、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが交互に優位になりながらバランスを維持していることで健康状態が維持されています。

 

しかし閉経が近づくとこの月経周期が終わりを迎えようとするとともに卵巣の機能が低下していくのです。その結果卵巣で分泌されているエストロゲンの分泌量が減少し、これまで維持されてきた体の健康状態に乱れが生じてしまった結果さまざまな症状が見られるようになるのです。

 

こうした理由から更年期の症状の多くはエストロゲンの減少にあるといっても過言ではありません。まず先述したプロゲステロンとのバランスが乱れることにホルモンバランスに狂いが生じます。月経周期が乱れるだけでなく下腹部痛や頭痛、肩こりといった体の不調のほか、自律神経の乱れを引き起こすことで無力感や倦怠感、集中力の低下、さらにはすぐにイライラする、怒り出すといった不安定な精神状態に晒されることになってしまうのです。

エストロゲンは体のさまざまな部分に影響を与え、脳との関係も非常に深い

さらにエストロゲンは体のさまざまな部分に影響を及ぼしています。自律神経をコントロールする機能のほか、内臓脂肪の蓄積を防ぐ、コラーゲンやセラミドの生成を促す、骨の密度を保つ、子宮の機能を維持するなど。

 

分泌量が減少することでこれらの部分に影響が見られるようになります。内臓脂肪が蓄積しやすくなると太りやすくなりますし、高血圧、糖尿病といった病気のリスクが増大するなどの厄介な問題も出てきます。

 

自律神経の乱れに関しては脳との関係も重要です。ホルモンを分泌するのは卵巣ですが、分泌をコントロールしているのは脳の視床下部という部分です。

 

卵巣が正常に機能していれば視床下部の指示に従って卵巣がエストロゲンを分泌するのですが、機能が低下すると指示通りに作れなくなってしまうことで脳と体の間で狂いが生じてしまうのです。脳はエストロゲンを分泌しているつもりなのに体がそれに応えられないことで自律神経が乱れてしまうわけです。

 

このように更年期には卵巣機能の低下とエストロゲンの分泌量の減少が引き金になって全身にさまざまな症状が及びます。それだけにホルモン補充療法などの症状をやわらげる対策が求められるのです。

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!