更年期の症状とは?

更年期は卵巣機能の低下によってエストロゲンの分泌量が減少することによって生じます。このエストロゲンはもともと心身の健康を維持するうえで非常に重要な役割を担っているうえ、プロゲステロンとともにホルモンバランスを維持する役割もありますから、減少によってさまざまな変化が見られるようになります。

 

更年期の初期症状は頭痛や肩こり、進行するとホットフラッシュなどの典型的な症状が出る

これを更年期障害と呼んでいますが、その症状は人によって個人差が見られます。一部の症状が強く出ることもあればほとんど気にならない人も出てくるのです。

 

そんな更年期の症状の中でも初期によく見られるのが頭痛や肩こり、腰痛、下腹部の痛み、冷え性などです。この段階ではまだ更年期障害だと気づかず単なる体調不良だと判断してしまうことが多いためどうしても対策が後手後手に回ってしまいがちです。

 

さらに進行すると月経不順や疲れやすさ、めまい、ふらつき、耳鳴り、脈が早まるといった症状が見られるようになります。それに合わせて無力感、倦怠感、集中力の欠如など精神面にも影響を及ぼす症状も見られることがあります。理想としてはこの段階で更年期を疑い、対策をはじめていきたいところです。

 

本格的に症状が見られるようになると乳房の痛みやむくみ、のぼせ、大量の発汗、ほてりといった典型的な更年期の症状が現れてきます。

 

とくにホットフラッシュは更年期ならではの症状で、突然顔が紅潮して大量の汗がでたり、めまいや頭の混乱などに襲われるようになります。こうした症状が悪化してくると外出や人と会うことにためらいや不安を感じるようになり、家に閉じこもりがちになるとともにストレスを抱えやすくなってしまいます。

精神面の変化や更年期が原因で引き起こされる病気も多い

進行していくにともない精神面への影響も見られることもあります。先述した無力感や倦怠感が悪化すると漠然とした不安、絶望感などを覚えるようになり、最悪の場合うつ病の症状まで発展することも。

 

更年期の症状と生活環境の変化がもたらすストレスがこうした精神面の変化をさらに悪化させてしまうこともあるので要注意です。

 

更年期を引き金に病気が発症するケースも見られます。とくに注意したいのが骨粗しょう症。中高年の女性の発症例が圧倒的に多い骨粗しょう症は骨の密度を保っていたエストロゲンの減少が深く関わっているのです。

 

それから生活習慣病、とりわけ糖尿病。エストロゲンの減少は内臓脂肪の蓄積を促してしまうため、太りやすくなるとともに更年期糖尿病とも呼ばれる糖尿病のリスクが増大していきます。

 

これだけ見てもいかに多くの症状が見られるかがわかるだけにできるだけ早い段階で適切な対策を行っておきましょう

更年期対策で使ってみたい更年期サプリ口コミランキング

更年期の症状に応じて飲んでみたいおすすめ漢方薬・医薬品

私の漢方薬 桂枝茯苓丸エキス錠(第2類医薬品)
のぼせ・ほてり・足冷え・肩こりに効果的な医薬品

桂枝茯苓丸

女性の不調に効く5つの有効成分(生薬)を配合した漢方薬。特に滞った血液の循環を改善、下半身にも熱をめぐらせてからだ全体の熱のバランスを整えてくれるので「上半身ののぼせ」「足の冷え」に効果的です。また、血流が良くなることで血行不良による肩こりや顔色の悪さなどにもおすすめです。
4,975円→2,980円・税別 ※初回限定価格
公式HPで詳しく見てみる!